About us セカンドハーベスト・ジャパンとは

スタッフ紹介

経歴も活動に参加した背景も多彩なセカンドハーベスト・ジャパンのスタッフを紹介します。

マクジルトン・チャールズ

マクジルトン・チャールズ

CEO

この仕事は、一生に一度出会えるかどうかの仕事だと思っています。素晴らしい人達と一緒に、新しいコンセプトをこれまでにないやり方で開拓しているのですから。日本は、私に多くのものを与えてくれました。これが、私の小さな恩返しです。私の元気の秘密は、スパムをたくさん食べることです。

増田 和久

増田 和久

フードバンク部/マネージャー
食品衛生責任者

イタリア生活が長く、黄色くなった古本を大切に読むような、「物」を大切にする文化が好きです。その延長で、「食べ物」を大切にし、それを必要とする方に届けるという活動に携わり始めました。今では「すべての人に、食べ物を」の理念達成へ一歩でも近づけるよう全力投球中です。

石川 廣美

石川 廣美

経理

年をとっての仕事探しで困っていた所、前職での経験が活き、ひょんな事から2HJに拾って頂いた新人。この様な活動がある事さえ知らなかった私は驚きと戸惑いの連続、周りのスタッフやボランティアの皆様の優しさに頭の下がる思いです。好きな食べ物は、田舎の文旦!

武田 幸佳

武田 幸佳

ハーベストキッチン
管理栄養士

前職の社員食堂に勤務していたときに、ドキュメンタリー映画を観てフードバンクを知りました。学生時代から飲食や食品の分野に携わってた私はその活動に驚き、2HJでボランティアからはじめました。2HJが橋渡しをする食品には、栄養素で表せないエネルギーがたくさん入っていることを実感する毎日です。

會田 博志

會田 博志

施設管理/WEBサイト管理
食品衛生責任者

食う寝るところに住むところ…。何も食べずに生きていくことが、ぼくらには出来ない。食事を作ったり、食べたりが好きだから、この仕事をしています。コンピュータ畑からの転職。猫好き。

芝田 雄司

芝田 雄司

パントリー/マネージャー

新聞で2HJを知り、以前から食品ロスの問題に興味があったので「これはやらなきゃ!」と思い、すぐにボランティア登録。施設への食品配送ボランティアを行う。震災を機に2HJに転職。石巻プロジェクト担当として東北で奮闘後、現在は東京の2HJ事務所でパントリー業務にあたっています。

坂本 瑶子

坂本 瑶子

フードバンク部
食品衛生責任者

「食べることに困る人がいる一方で、食べ物を捨てるなんてもったいない!」子どもの頃から抱き続けていた素朴な感情に突き動かされ、全く異業種から転身。これまでの営業職経験と双子含む3児の母業で鍛えられたパワーで、贈る人も食べる人もみんなが嬉しい“食をつなぐインフラ”作りに邁進します。

高橋 寛明

高橋 寛明

フードバンク部
大型自動車二種免許

TV報道で2HJの活動を知り、食品配送のボランティアに参加。捨てられる運命にあった食品を様々な状況の人に届け、美味しく食べてもらい沢山の笑顔が生まれる。こんな素晴らしい活動を少しでも支えて行けたらと思い、スタッフに転向。毎日2tトラックにて多くの施設に食品を届けています。

鈴木 重章

鈴木 重章

フードバンク部

2011年 8月に石巻のNPOでボランティアをしていた時に、2HJの芝田さんに会って初めてフードバンクについて知りました。東京に戻って早速2HJのボランティアに入りました。施設に食品をお届けする時の笑顔と感謝の言葉に、配送時の疲れも吹き飛びます。神奈川倉庫と浅草橋で活動しています。

林 江一

林 江一

フードバンク部

食料資源が枯渇する中、また明日の食べ物にも困っている人がいる中、まったく問題のない食品が日々廃棄されていきます。私達、2HJに出来ることは限られていますが、私達の活動や発信する情報を通して、一人ひとりの意識が変わっていき、食品廃棄を減らすことができればと思っていま~す。

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト