How to support 支援の方法

防災備蓄品を寄贈したい企業の方へ

会社で備蓄している防災食品の買い替えの際、どうされていますか?
まだ賞味期限の残った食品の活用にお困りの企業の方は、以下の寄贈の手順及びFAQをご確認のうえお問合せ下さい。
問い合わせ先:food@2hj.org

寄贈の手順

  • 1 商品の確認

    [寄贈者様から2HJへ]

    寄贈申込書へ必要事項をご記入の上、メールでお送りください。 ただし、この申込書のご提出により寄贈が確定するわけではありません。 受入の可否を検討するために必要な情報です。

    寄贈申込書の
    ダウンロードはこちら
    寄贈申込書
    送付先メールアドレス:
    food@2hj.org

  • 2 合意書の締結

    [2HJから寄贈者様へ]

    食品の取り扱いに関する合意書を締結します。 双方代表者の署名、捺印後一部ずつ保管します。

    防災備蓄品の製造者及び関連事業者の方向けの合意書については こちら をご確認ください。

  • 3 食品の受け取り

    [寄贈者様から2HJへ]

    食品の受け渡しは、当団体の倉庫への配送となります。
    通常は東京都もしくは埼玉県内の倉庫を指定しております。
    詳しくは寄贈申込書を確認してから調整いたします。

  • 4 各施設に再配布

    [2HJから各施設等へ]

    寄贈された食品は、児童養護施設や母子支援施設等の福祉施設・団体及び生活困窮者個人へ配布します。

ご不明な点がございましたら、<food@2hj.org> へお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

防災備蓄品寄贈に関してよくある質問

Q. 賞味期限がどのくらい残っている食品を寄贈できますか?

A. 原則、三カ月以上賞味期限の残った食品を受け入れております。ただし、食品の品目、物量によって異なります。
詳しくは 寄贈申込書 にご記入の上メールでお問合せ頂いたのち、検討いたします。
賞味期限が過ぎた食品は取り扱っておりません。

Q. どのような食品を寄贈できますか?

A. アルファ米や缶入りパン、レトルトや缶詰のおかず等を主に受け入れております。
これ以外でも受取を検討しますので、詳しくはご相談ください。

Q. 水を寄贈できますか?

A. 水のみの寄贈は承っておりません。水と食品を合わせて寄贈をご検討の場合のみ、受け入れをしております
その場合の配送先は福島県内の連携する団体となります。配送費用は寄贈者様のご負担となります。
配送先となる団体との相談(受け入れの可否、時期等)は当団体が行いますので、まずは当団体へお問い合わせください。

Q.一日分がセットになったものは寄贈できますか?

A. 原則、寄贈者様にて食品だけを再梱包してからの受け渡しとなります。(水、非食品は対象外となります)
量によってセットのまま受け取ることがあります。詳しくはご相談ください。

Q. 寄贈者にかかる費用はありますか?

A. 寄贈品の受け渡しにかかる輸送費です。

Q. 会社の車で指定場所に直接持ち込んでも良いですか?

A. はい。ただし、事前の日時の調整が必要になります。

Q. 食品を引取りに来てもらうことはできますか?

A. 行っておりません。

Q. 寄贈できる最小単位はありますか?

A. 一箱から承っております。少量、バラ製品でも受取可能です。

Q. 一度に寄贈できる最大数量はどのくらいですか?

A. 食品の種類や受け渡し時期によって異なります。詳しくはお問合せ下さい。

Q. パレットでの納品はできますか?

A. はい。ただしパレットの材質、形状等に制限がございますので詳しくはお問合せ下さい。

Q. 納品場所はどこですか?

A. 通常、東京都もしくは埼玉県内の倉庫となります。食品の種類や物量等の条件によって異なることがあります。

Q. 食品の保管場所が関東圏外なのですが、関東までの配送が必要でしょうか?

A. お近くにあるフードバンク団体をご紹介します。 紹介可能なフードバンク団体一覧

Q. 寄贈した食品は最終的にはどのような方達に届けられるのですか?

A. 児童養護施設や母子支援施設、障がい者施設等の福祉施設や団体、及び生活困窮者個人へ提供します。

Q. 受領書を発行してもらえますか?

A. はい。受領書の発行をご希望の方はその旨お申し出ください。

その他食品の寄贈に関してご不明な点がございましたら、<food@2hj.org>へお問い合わせください。

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト